GEAR

BAREBONES(ベアーボーンズ)エジソンストリングライトが明るくお洒落で優秀だった!

エジソンストリングライト

どうも、パル(@CampQuestion0)です。

いやー、更新頻度が低い!!

キャンステにURL載せておきながらこの更新頻度はまずいね。

とりあえず今月から月2回更新を目指して頑張っていきたいと思います。(こうやって公言しないとサボる…)

さて今回紹介するのは最近導入したNEWアイテム、

『エジソンストリングライト』

この名前を聞いて物がパッと浮かぶ人は少ないかな?

販売しているのはベアボーンズリビングと言う企業さんで、1度は見かけた事があるであろうお洒落LEDランタン『ビーコンライト』を出している企業さんになります。

これね↓

そして私が紹介するのがこれ!

エジソンストリングライト

うん、お洒落。

床に転がってるだけでもうお洒落。

流石ベアボーンズ。

そしてこれがお洒落なだけでなく機能性もバッチリなのです。

それでは詳しく紹介していきましょう。

スポンサーリンク




スペック

明るさ、使用可能時間

・LOWモード

40lm 7時間使用可能

・HIGHモード

250lm 2.5時間使用可能

※純正バッテリー4400mAh使用時

・暖色LED電球採用

防水性

・IPX4

あらゆる方向からの飛沫に対する保護レベル

実際雨の中使用している人を知っていますが、壊れる事無く使用できていました。

各所長さ、仕様

写真では纏めてありますが解いて測定しました。

ランプは3連繋がっていて外れない仕様です。

USB ⇔ ランプ 3100mm

エジソンストリングライト エジソンストリングライト

USBのすぐそばにある四角い部分がHIGH、LOW、切り、の操作スイッチになっています。

ランプ ⇔ ランプ 1200mm

エジソンストリングライト

ランプ ⇔ コード 230mm

エジソンストリングライト

ランプを吊るすためのカラビナが付属します。

エジソンストリングライト

3連の最後のランプ部分にUSBのメスが付いているので、もう1つ購入して6連仕様にする事も可能です。

特徴

1.USB電源を接続して使用

エジソンストリングライト

『エジソンストリングライト』はバッテリーを内蔵していません。

モバイルバッテリー等の電源を別途用意して使用します。

ベアボーンズさんからも専用バッテリー(4400mAh)が販売されていますが、スマホに使用しているようなモバイルバッテリーを持っていればそれで問題ありません。

最初はいちいち電源用意するの面倒だなーと思っていましたが、実際に使ってみると2つの利点が見えてきました。

利点1. 使用可能時間が固定されない

バッテリーが内蔵されている充電式の場合、使用可能時間は内蔵バッテリーの容量に依存します。

そうなると心配になるのがバッテリー不足による電源切れ。

充電式LEDランタンを使用していて、

「そんなに暗くないしまだ使わないでおこう」

「連泊だし節約して使わないと…」

といった経験がある方もいるのではないでしょうか?

しかしバッテリーが別で用意できればこの心配から解放されます。

10000mAhでも20000mAhでも自由に選んで使用できるし、何なら複数個電源を用意すれば完璧。

純正のバッテリー(4400mAh)でHIGHモードが2.5時間、LOWモード7時間という事は、10000mAhの物を用意すればざっくりHIGHモード5時間以上、LOWモード14時間以上使用できるようになります。

バッテリー切れを気にせず、

少し暗くなったらすぐ使用できる。

これは意外と大きな利点だと感じました。

利点2. 家での充電が楽

エジソンストリングライト

日常生活から常に使用しているモバイルバッテリーをそのまま使えるので、特別キャンプに備えて充電する必要がないです。

むしろこの結構嵩張る『エジソンストリングライト』にバッテリーが内臓されていたら、部屋で充電してる間場所を取って邪魔に感じると思います。

2.レトロなデザイン

エジソンストリングライト エジソンストリングライト

正直これが購入の決め手でした。

レトロなデザインがかっこいい。

銘板風に入ってるメーカーロゴがお気に入りポイントです。

クイックキャンプ VTハーフテーブル クイックキャンプ VTハーフテーブル

他社製品になりますが、私が使用しているテーブルもレトロ感のある物なので雰囲気が合ってバッチリでした。

テーブルの紹介記事↓

使用感

1.炎幕DX

エジソンストリングライト

炎幕DXに取り付けるとこんな感じ。

ランプ間の配線が長いのでいい感じ所で纏めています。

吊るす場所は前面の跳ね上げ部分を丸めた際に縛っておくループを利用しています。

エジソンストリングライト

また、ランプ⇔コード間が長く邪魔なのでカラビナに絡めて短くしています。

コードを痛める原因になるので自己責任で。

エジソンストリングライト

こちらがLOWモードで使用した様子。

普通に過ごす分にはこれで全く問題ありません。

エジソンストリングライト

これがHIGHモードで使用した様子。

めちゃくちゃ明るいです。

傍から見ても全部丸見え。

通りがかる人が「なんかやたら明るいなぁ」と見てくるくらい明るいです。

私の使い方としては、

普通に過ごしている時はLOWモード。

料理など焼き加減を見たい時はHIGHモード。

といった感じで使用しています。

2.DDタープ4×4

エジソンストリングライト

DDタープ4×4でも問題なく使用できました。

これだけ高さがあればランプ⇔コード間も絡めず使えます。

夜の写真を撮り忘れたので後日追加します。

炎幕での写真の通りHIGHモードはかなり強力なので、このサイズのタープでも光量不足を感じる事はありませんでした。

まとめ

エジソンストリングライト

どうだったでしょうか?

超強力なライトを1つ用意するとそこだけやたら眩しいし、その周辺だけ明るいって状態になるのですが、これは満遍なくサイト全体が明るくなるので過ごしやすいです。

個人的には大満足のアイテムでした。

1つ仕様のもあります↓

ABOUT ME
パル
年間100以上のキャンプギアを買い漁る散財系キャンパー。せっかくアホみたいにギアを買ってるんだからとブログやTwitterでレビューや比較をしています。キャンプ、釣り、登山、旅行、アウトドアが大好きな一方、一日中ゲームしてたりするハイブリット人間。元バイク乗りでもあり、最近また乗りたくなって中古バイクを物色中。
スポンサーリンク