GEAR

GSI「スパイスミサイル」ソロキャンプ最強の調味料入れを見つけた

スパイスミサイル

こんにちは、パルです。

 

長年の悩みであった、

ソロキャンプ調味料入れ問題。

ついに解決しました。

 

・調味料を豊富に持っていきたい!

・けどコンパクトにしたい!

 

こんな矛盾した悩みを解決してくれたのが、今回紹介するGSI「スパイスミサイル」です。

 

もう名前からしてイカしてるよね。

 

それでは、実際にキャンプで使ったきた感想を交えつつ紹介していきます。

 

 

GSI「スパイスミサイル」のスペック

スパイスミサイル

サイズ

高さ約10cm×直径約3.5cm

重量

約60g

収納数

6種類

 

 60gと軽量、そしてコンパクト。

これに6種類調味料が入るんだから驚きです。

 

見た目はほんとにミサイルみたい!

 

GSI「スパイスミサイル」の使い方

調味料を入れてみよう!

スパイスミサイル

スパイスミサイルは3分割できます。

それぞれにキャップが付いていて穴のサイズも2種類。

 

スパイスミサイル

 

・胡椒とか塩は穴の細かいやつ

・黒瀬スパイスとかは穴の大きいやつ

 

こんな感じに使い分けるのがベストですね。

 

スパイスミサイル

キャップを外してみると、1つのケースにも真ん中に区切りがあって2種類入れられるようになってます。

 

スパイスミサイル

私は、塩&コショウ、黒瀬スパイス&ほりにし、motteco鉄板スパイス&甘いスパイス。

この6種類を入れてみました。

 

スパイスミサイル

とりあえず入れるのがめっちゃ難しかった。

勢いあまって何回も隣の部分にまで入れちゃいました。

それと高頻度でこぼすのでティッシュとかを敷いてやりましょう。

 

スパイスミサイル

1箇所に何g入るのか気になったので調べたところ、塩で計測して4g入りました。

 

調味料が出るか試そう!

スパイスミサイル

胡椒を出したい時。

 

スパイスミサイル

塩を出したい時。

 

キャップが回せるようになっていて、出したい方に合わせて使えます。

 

ちゃんと調味料が出てくるか確認したところ、motteco「鉄板スパイス」だけ出が悪い…。

ちょっと穴の大きいキャップに変えてもダメ。「鉄板スパイス」はダメか?って思いました。

 

スパイスミサイル

しかし一番下のこの部分!

 

スパイスミサイル

ここに穴が大きく空いたキャップが入ってました。

付属のキャップって絶対無くすので、

本体に収納しておけるギミックは素晴らしい!

 

ちょっとわかりにくかったけどね!

 

スパイスミサイル

これだけ口が広ければ、どんな調味料でも問題なく使用できます。

 

スポンサードリンク

 

GSI「スパイスミサイル」をキャンプで使って感じた3つのポイント

とにかく持ち運びがしやすい!

スパイスミサイル

調味料を一体化して運べる。

これがほんと最高!

 

スパイスミサイル

今までナルゲンのボトルや100均のボトルを使ってたんですが、数を持ってくとゴチャゴチャするので袋に詰めて運んでました。

 

スパイスミサイル

しかしスパイスミサイルはそのまま小物入れやザックに入れるだけ。

これは楽ちんです。

 

液体はナルゲン広口ボトルが安心!

 

調味料の調整がやすい

スパイスミサイル

キャップがある程度調整してくれるので、ドバっと出る心配がありません。

感覚を掴んでくると1振りの量がわかるので、暗くてもパッパッって使えます。

 

さらに軽量化することも可能!

スパイスミサイル

今回のキャンプは塩・胡椒くらいしか使わないって時もありますよね。

そんな時は分割した一部分だけ持っていけばOK。

かなりコンパクトになります。

 

そもそもこのサイズでいいって人は、1部分だけバージョンの「ウルトラライト ソルト&ペッパーシェイカー」っていうのも売ってます。

 

GSI「スパイスミサイル」最高じゃん

スパイスミサイル

これはもう文句無し。

間違いなく最高の調味料入れです。

 

容量が少ないように思うかもしれませんが、ソロキャンプ1回では全然余裕です。

 

最近は色んなスパイスが発売され、種類を揃えてる人も多いはず。

このGSI「スパイスミサイル」おすすめですよ!

スポンサードリンク