GEAR

【500g以下】ソロキャンプ向けの軽いローテーブル14選

投稿日:


軽いローテーブル

 

軽いローテーブルってどんなのがあるの?

 

どうも、パルです。

今回はソロキャンプ用の軽いローテーブルを探している人向け。

 

・軽いローテーブルってどんなのがあるの?

・軽いローテーブルの何がいいの?

 

今回はこんな疑問に答えていきます。

 

新しくテーブル買うぞ!って時、めっちゃ悩みますよね。

今まで自分が使った事のないタイプだと尚更。

 

私もUL(ウルトラライト)キャンプを目指そうと思った時、テーブル探しにめっちゃ迷いました。

その時条件にしたのが、重量500g以下である事です。

 

今回は実際に購入を検討した500g以下のテーブルを紹介します。

ネットショップを探し回るより効率的だと思うので参考にしてください。

 

本記事の内容

・【500g以下】ソロキャンプ向けの軽いローテーブル14選

・私が購入した軽いローテーブルはこの3つ!

・使って分かった軽いローテーブルの良さ

 

実際に私が購入したテーブルも紹介していきます。

 

スポンサードリンク

【500g以下】ソロキャンプ向けの軽いローテーブル14選

 

Amazonや楽天などを探し回って悩んだ14個の軽量ローテーブル。重たい方から順に紹介していきます。

 

1.ベルモント「マルチソロテーブル(LOW)」

重さ 約505g
天板サイズ 32×27㎝
高さ 11.5㎝
収納サイズ 32×13.5×2.5㎝

すいません、ちょっとだけ500gオーバーです。

ステンレスゴトクに天板(シナベニアとステンレスの合板)を組み合わせ、テーブルにしている変わったモデル。

もちろん天板を外せば調理用ゴトクとしても使えます。

耐荷重が20kgとなかなか頑丈なのも特徴。

 

 

2.YOKA「TRIPOD TABLE SOLO」

重さ 500g
天板サイズ 38×24㎝
高さ 15㎝
収納サイズ 38×24×1.8㎝(留め具含まず)

木製のローテーブルでデザインがめっちゃ可愛い。

天板の片側が丸くなってるのが独特で魅力的ですね。

あまり使ってる人がいなく、「なにそのテーブル!」って言われるのも楽しそう。

高さが15㎝とローテーブルの中では結構高めです。

 

 

3.KingCamp「アウトドアテーブル」

KingCamp アウトドア テーブル ミニ ソロ キャンプ フィールドラック ローテーブル コンパクト 折りたたみ
重さ 450g
天板サイズ 35×25㎝
高さ 10㎝
収納サイズ 39×15×3㎝

中国製の軽いアルミローテーブル。

最近はかなり色んな中国メーカーが出回ってますが、その中でもKingCampは中国国内に500店舗を構える人気アウトドアブランドです。

2000円でお釣りがくるので、「とりあえず軽いローテーブルを使ってみたい!」って人はここから試してみるのもありかもしれません。

 

 

4.スノーライン「キューブグラウンドテーブル」

重さ 430g
天板サイズ 35×31.5㎝
高さ 10.5㎝
収納サイズ 36×11×4.5㎝

アルミ製のシンプルなローテーブルです。

長方形が多いローテーブルの中では、珍しく正方形に近いモデル。

奥行があるとCB缶バーナーを縦に置けるので、スペースがうまく使えるのが魅力ですね。

 

 

5.SOTO「フィールドホッパー ST-630」

重さ 約395g
天板サイズ 29.7×21㎝
高さ 7.8㎝
収納サイズ 29.7×11×1.9㎝

SOTOの大人気ローテーブル。

知ってる人も多いでしょう。

最大の特徴はパッと開いてサッと閉じるワンアクション機構。

シンプルな見た目と機能的な仕組みを併せ持つ、完成度の高いローテーブルです。

 

 

6.ペレグリンファニチャー「アルマジロテーブル」

重さ 約300g
天板サイズ 29×19㎝
高さ 5.5㎝
収納サイズ 30×7×5.5㎝

木製ってだけで可愛く、お洒落に見えますよね。

ただそれと引き換えに、テーブル上での火気の使用は控えるように注意書きがあります。(正直ガスバーナーくらいなら大丈夫だとは思いますが、責任は負いません。)

アルミ製などと違い、熱々のクッカーを置いたりできないのは我慢ポイント。

高さが5.5㎝とかなり低めです。

 

 

 

7.スノーピーク「オゼンライト」

スノーピーク(snow peak) オゼンライト SLV-171
重さ 270g
天板サイズ 29.7×21㎝
高さ 8.5㎝
収納サイズ 29.7×12×2.5㎝

これも有名なローテーブルですね。

天板サイズがSOTO「フィールドホッパー」と同じで、高さも近いのでよく比較されます。

オゼンライトは組み立てが面倒な代わりに、フィールドホッパーより軽い。

フィールドホッパーはワンアクションで使えるけど、オゼンライトより重い。

なかなか悩みどころです。

 

 

8.ダンロップ「コンパクトテーブル」

ダンロップ(DUNLOP) コンパクトテーブル BHS101
重さ 約260g
天板サイズ 29.8×18.8㎝
高さ 10.6㎝
収納サイズ 18.8×10.4×1.4㎝

ダンロップってキャンプギア出してるんか!

ってなりました。

調べてみると結構愛用者がいるらしく、気になるローテーブルですね。

収納状態の時けっこう薄くなるのが魅力的。

 

 

9.VERNE「トレッキングパッド」

重さ 230g
天板サイズ 31.4×21.2㎝
高さ 8.5㎝
収納サイズ 31.4×10.8×1.15㎝

素材はアルミとなってますが、見た目不思議な質感をしてます。

実物を見たいけどショップで見かけたことがありません。

収納時の薄さが1.15㎝と圧倒的で、携帯性はかなりよさそうです。

 

 

10.エバニュー「Alu Table/light」

エバニュー Alu Table/light EBY530
重さ 173g
天板サイズ 29.5×18.6㎝
高さ 9.3㎝
収納サイズ 29.5×18.6×1.3㎝

エバニューのテーブルっていう珍しさがあります。

かなり軽量ですが、天板がアルポリック(樹脂をアルミで挟んだ合板)でできていて火気厳禁なのが我慢ポイント。

脚を立てるだけですぐ使える使いやすさは結構魅力です。

 

 

11.バーゴ「チタニウムバイフォールドグリル」

重さ 125g
天板サイズ 19.5×20.2㎝
高さ 11.2㎝
収納サイズ 19.5×10×3.5㎝

チタン製のグリルです。

本来の使い方はグリルですが、実際にテーブルとして使ってる人を知っているのでピックアップしました。

天板サイズが約20×20㎝なのでかなり小さめ。

しかし高さがそれなりにあって軽いテーブルが欲しい場合は選択肢に入ってくるかもしれません。

 

 

12.ANOBA「ULソロテーブル フラット」

重さ 約116g
天板サイズ 24×13㎝
高さ 6㎝
収納サイズ 26×13×1.5㎝

この天板サイズになってくると、CB缶バーナーを置くだけで埋まります。

使い方としては、OD缶バーナー(またはアルコールストーブ)+ソロクッカーって感じかな。

あまりに軽くて耐荷重が心配になりますが、約1.5㎏と十分な性能です。

 

 

13.ANOBA「ULソロテーブル パンチング」

重さ 約76g
天板サイズ 24×13㎝
高さ 6㎝
収納サイズ 26×13×1.5㎝

さっきのANOBA「ULソロテーブル」のパンチング加工バージョン。

約40g軽量化されています。

軽さを突き詰めたい人におすすめですが、パンチング加工にバーナーの足が落ちて安定しない等の懸念点あり。

耐荷重は1㎏です。

 

 

14.カスケードワイルド「ウルトラライトテーブル」

重さ 65g
天板サイズ 30.5×20㎝
高さ 8㎝
収納サイズ 30.5×9×1.5㎝

いわゆるプラスチックダンボール製のローテーブル。

もちろん熱々のクッカーを乗せたりすると溶けてしまいます。

しかし、おそらくローテーブル界最軽量の軽さは魅力。

私に周りにもちらほら使っている人がいて、結構人気のローテーブルです。

 

スポンサードリンク

私が購入した軽いローテーブルはこの3つ!

軽いローテーブル

 

・SOTO「フィールドホッパー ST-630」

・エバニュー「Alu Table/light」

・カスケードワイルド「ウルトラライトテーブル」

 

この3つを買いました。

買いすぎ?

いやいや、この3つ、それぞれ方向性が違います。

 

SOTO「フィールドホッパー ST-630」

フィールドホッパー

軽さよりも利便性、火気の使用ができる事を優先する場合に使用します。

なんだかんだ使いやすく、今のところ使用率No.1。

 

熱々のクッカーをそのまま置けるってだけでかなり快適なんですよね。

 

ワンアクション機構も優秀で、「カションッ」って展開するたびちょっと楽しくなります。

 

 

エバニュー「Alu Table/light」

丸型ハンゴー

SOTO「フィールドホッパー ST-630」とカスケードワイルド「ウルトラライトテーブル」の中間的存在として使用してます。

 

自己責任ですが、ガスバーナーの使用くらいなら問題なし。クッカーも多少冷ましてから置いちゃってますが、今のところ問題ありません。

 

脚を立てるだけの組み立ては非常に使いやすいです。

今まで1回も人と被ってない珍しさも魅力の1つ。

 

こちらで詳しく紹介してます↓

どうも、少しづつUL化の沼へ足を突っ込んでるパル(@CampQuestion0)です。今回ご紹介するのはULテーブルが欲しいなぁ~と調べている時、ぱっと目に付き衝動買いした商品...

 

 

カスケードワイルド「ウルトラライトテーブル」

カスケードワイルド

とにかく軽さを追求したい時用。

例えば登山とかですね。

 

SOTO「フィールドホッパー ST-630」で火気を使用し、カスケードワイルド「ウルトラライトテーブル」をサブテーブルとして使う、という使い方もできます。

 

なんてったって65g。気兼ねなく持っていけます。

 

注意点としては1回風に飛ばされた事があります。

その時は空のチタンシェラカップしか置いてませんでした。それなりの重さがあるものを置いておかないと飛ばされます。

 

使って分かった軽いローテーブルの良さ

EVERNEW Alu Table/light

ザック1つでキャンプをするようになり、ローテーブルの良さをヒシヒシ実感してます。

 

まず収納性の良さが1番

山と道 three

ザック1つとは言いましたが、私の場合徒歩キャンプではなくオートキャンプ。

軽さというより、そのコンパクトな収納性に魅力を感じています。

 

エジソンストリングライト

今までこういうテーブルを使っていた私としては、

とりあえずザックに入れとく。

この感覚でテーブルを扱えるのは新しい感覚でした。

 

意外と事足りることに気づく

ユニフレーム ゆのみSUS

なんだかんだ、

ソロにはこれくらいで丁度いいのかも。

そう感じてます。

 

多少は手狭の感じる事もありますが、そんなに困らない。必要最低限って感じです。

 

最悪、テーブルが狭ければバーナーは地面に置けばいいわけで…。(地面が芝生とかだとダメだけど。)

 

登山だとバーナーを地面に置いて使う事も珍しくなく、ガチガチに軽量化するならテーブルや椅子は必要ないかもですね。

いわゆる「地べたスタイル」ってやつです。

 

ここまでローテーブル紹介してきて根本から覆すスタイル。

けど、徒歩で長い事歩くなら選択肢の1つです。

 

まとめ

EVERNEW『Alu Table/light』

今回はざっくりですが、軽いローテーブルを14個紹介しました。

私にできるのは「こんなのあるよ」ってところまでです。

 

気になったのがあればしっかりと調べて、自分のスタイルに合ったテーブルを探してみてください。

 

お気に入りのテーブルを見つけると使うのが楽しくなりますよ。

 


スポンサードリンク

-GEAR
-, ,

執筆者:

関連記事

チャムススチールクーラー54L

CHUMS(チャムス) スチールクーラーボックス54Lを購入したので開封レビューしてみる

どうも、パル(@CampQuestion0)です。 チャムス2018秋冬新作アイテム『スチールクーラーボックス54L』。元々はコールマンのスチベル、イグルーのステンレスクーラーを物色していたのですが、 …

パルテノンコーヒードリッパー

【ギアレビュー】コールマン『パルテノンコーヒードリッパー』ヘタクソにも美味しいコーヒーを!

どうも、パル(@CampQuestion0)です。皆さんコーヒーはお好きでしょうか?私は大好きなのですが、ある時に気づいてしまいました。 「コーヒーって人に淹れて貰った方が美味しくない?」 真心とかそ …

キャンプ 日常

日常使いできるキャンプギア10選【テンションの上がる生活】

  キャンプギアには日常使いできるものある! そして日常で使うとテンション上がる!   今回はこんなお話。   なぜ断言できるかと言えば、実際に私が使ってるから。 &nb …

CB缶 OD缶 違い

【バーナー選び】CB缶とOD缶の違いを詳しく解説します

  こんにちは、パルです。 今回はバーナー選びをガス缶の違いで迷ってる人向け。   ・CB缶とOD缶って何が違うの? ・結局どっちを使うバーナーがおすすめなの?   この …

スライドガストーチ

【3年使用】SOTOスライドガストーチの使い勝手を解説【結論:迷ってるなら買い】

SOTO「スライドガストーチ」って人気だけど実際どうなの?   愛用者の多いSOTO「スライドガストーチ」。 私もソロキャンプを始めた時から3年間使ってきました。   今回はSOT …

パル

自己紹介

こんにちは、ブログ運営者のパルです。

ソロキャンプをメインとしたアウトドアを楽しんでいて、年間100以上のギアを買い漁るギアマニア。

ソロキャンプ歴は3年で、初心者から一歩踏み出したって感じでしょうか。

これからソロキャンプを始める方の「1個上の先輩」みたいな感覚で、寄り添えるような記事を書いています。

Twitterもやってます。

気軽にお声がけください

@CampQuestion0