GEAR

【魔法】モンベル「クピルカ44」は何でもおいしく見せるキャンプ皿

クピルカ44

こんにちは、パルです。

 

まず上の写真を見てください。

めっちゃおいしそうに見えませんか?

 

・キャンプ料理をおいしく見せたい!

・キャンプ料理をお洒落に見せたい!

 

せっかく作った料理、

どうせならおいしそうに、そしてお洒落に見せたいですよね。

 

そこで重要になってくるのが、

お皿選びです。

 

今回は私が使用している”映え”皿。

モンベル「クピルカ44」を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

目次
  1. キャンプ料理に「クピルカ44」がおすすめな2つの理由
  2. 実際に撮った写真を見てみよう
  3. まとめ

キャンプ料理に「クピルカ44」がおすすめな2つの理由

木製に見えて、木製じゃない

素材 木繊維、ポリプロピレン
サイズ 28×186×300mm
重量 286g
容量 440ml
耐熱温度 -30~100℃

 

注目してもらいたいのが、

素材と耐熱温度。

 

「クピルカ44」は木製ではなく、

木繊維とポリプロピレンを混ぜ合わせた素材で作られています。

 

そしてその特性として、

-30℃~100℃までの温度に耐えることができます。

 

通常、木製皿の取り扱いって結構面倒で、

 

・熱いものは避ける

・冷たいものは避ける(冷蔵庫もダメ)

・油分の多いものは避ける

・乾燥してきたらオイルを塗る

・水に濡れたままにしない

 

などなど、

ざっと出しても制約が多いです。

 

しかし「クピルカ44」は木製の風合いを持ちながら、

温度変化に強く、耐久性があり、お手入れも不要。

 

割とアクティブに扱うことが多いキャンプシーンにおいて、おすすめだと言えます。

 

 

キャンプ×木製は、映える

先ほど説明した通り本当の木製ではないんですが、

キャンプと木製はよく合います。

 

これはお皿に限った話ではなく、

キャンプギア全般において木製はお洒落、そして映える。

 

インスタやTwitterで見かけるお洒落キャンパーさんって、結構木製ギアを多用している方が多いですよね。

 

いつものキャンプシーンに少し木製要素を入れる、

それだけでお洒落になるなら取り入れて損はないでしょう。

 

 

 

実際に撮った写真を見てみよう

クピルカ44

一番最初に見てもらった写真。ロコモコ丼です。

手の込んだキャンプ料理に見えますよね?

 

しかし実際は、

出来合いのハンバーグを焼いて、目玉焼き焼いて、サトウのごはんに乗せただけです。

 

だけど写真を見ると、

やたら手の込んだお洒落キャンプ飯に見える。

 

これってお皿効果もあるんじゃないかって思います。

 

同じ料理でも、

紙皿に乗ってるより木製皿に乗ってる方が美味しそうに見える。

 

極端にいうとそんな感じです。

 

 

クピルカ44

こっちは照り焼きスパムサンド。

美味しいので作ってみてください。

 

 

 

クピルカ44

最後に、カルボナーラうどん。

 

どちらかというと地味な料理であるうどんですが、

普通に”映え”を狙っていけます。

 

 

 

まとめ

 

どうだったでしょうか?

ここまで紹介してきたモンベル「クピルカ4 4」なんですが、

クピルカ44

2020.9.17現在、

モンベルオンラインストアでは色によって「完売 今期の入荷はありません」となっています。

 

この記事を読んでほしいと思った方は、Amazonや楽天、ヤフーショッピング等で購入するか、実店舗を探してみてください。

 

手に入りにくいと価格が上がっていく場合がありますが、画像の通り定価は2900円+税です。

購入する際は注意してください。

 

ABOUT ME
パル
年間100以上のキャンプギアを買い漁る散財系キャンパー。せっかくアホみたいにギアを買ってるんだからとブログやTwitterでレビューや比較をしています。キャンプ、釣り、登山、旅行、アウトドアが大好きな一方、一日中ゲームしてたりするハイブリット人間。元バイク乗りでもあり、最近また乗りたくなって中古バイクを物色中。
スポンサーリンク